薄暗い土曜の深夜に熱燗を

遠い昔の学生時代、見たシネマが、「ビフォアーサンライズ」で、日本名は恋人までのディスタンスだ。
父に、「とてもいい作品」と一押しだったDVDだ。
列車で偶然出会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身のセリーヌで、少しだけオーストリアのウィーンを旅するストーリーだ。
この内容の面白いのは、特にこれといったピンチ、もしくは盛り上がりとか、見えないとこ。
出会ったばかりというこの2人は、恋愛観、それに、世の中といったことに関して永遠とディスカッションする。
その時14歳の私は、経験不足で子どもで、退屈しながら観賞した物語だった。
といいつつ、この前、偶然DVDショップにて目に留まり、昔見たなと思い借りて、観賞したところすごく感動した。
一番は、レコードショップで、ケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら無意識に見詰め合ってしまうところ。
2人の帰国がやってきて、要は、別れ際、そこでエンドを迎える。
その時期はぴんと来なかったこのストーリー、時間をおいて見てみると、すこしまたく違う見方になるのだろう。
それから、ケイス・ブルームのCDを、CDショップで見つけて聞きたい。

雨が降る大安の昼にこっそりと
テレビを見ていたり、人ごみに行くと可愛いな〜と思える人は多い。
顔立ちは、正統派の美しさとは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
その人の雰囲気は、本人の心の中かもしれない。
凄く重要だと思う。
最近注目しているのがミュージシャンの西野カナさんだ。
Mステを見て初めて質疑応答を受けている姿を見た。
可愛い子!と注目せずにいられない。
童顔に、体つきもバランスが良く、淡い色がピッタリ似合う印象。
会話がおっとりしていて、方言もポイントが高い。
歌は割と聞くけれど、本人を見てもっとファンになった。

気どりながら叫ぶあいつと電子レンジ

今年の夏は、海水浴に行っていないが、遊びにめちゃめちゃ行きたい。
現在、子供が2歳なので、砂浜でちょっと遊ぶぐらいだけれども、しかし、想像するけれど笑ってくれるだろう。
とは言っても、現在、オムツを着用しているので、他の人の事を思ったら海につけない方がいいかもしれない。
プール用オムツもあることはあるが、嫌な人もいて問題に発展しているらしいので。

風の強い土曜の早朝にお菓子作り
夏っぽいことをこのシーズンはやっていないが、同僚と週末、コテージを借り炭を使ってバーベキューをする。
例年の恒例だが、日常から離れ、息抜きになる。
男手が少ないので、ものすごくいっぱい準備をしないとな。
特に、火起こしが、女性だと苦手な人が多いので、頑張らないと。
ただ絶対にみんなで焼酎をがぶがぶ飲むその時は、焼酎をほどほどにするように注意しよう。

ノリノリで跳ねる君と私

浜辺がものすごく近く、サーフィンのメッカとしてもめちゃめちゃ有名なスポットの近所に住んでいます。
なので、サーフィンをしたことがある人はとても多く、仕事の前に朝はやくちょっとサーフィンにという人もいます。
そんなふうに、波乗りをしに行く方が多数いるので、誘われることがめっちゃあったのですが、絶対に断っていた。
なぜかというと、私が、運動神経が悪く、息継ぎできずに泳げないからです。
しかし、泳げなくてもできると言われ、やってみたけれど行った場所は熟練者が波乗りに行くところで、テトラポッドが周りに広がっていて、波乗りのスペースがごく狭い浜辺だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

ノリノリで踊る姉ちゃんと月夜
行きたくて行きたくて思い焦がれていた地域、それは真鶴岬だ。
初めて知ったのは「真鶴」というタイトルの川上弘美の本。
残念ながら、自分の未熟な感覚では、現在でも深い感動はできていないと思う。
でも、話の中の真鶴の雰囲気が大好きで、まだ見ぬ地に憧れを抱いていた。
静岡県の、神奈川県との中間にあるここ。
その突端が真鶴岬。
岬の先、海上に頭を出しているのは、三ツ岩という大きな岩が3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、潮が引くと歩いて向かえる。
思いかなって、話の中のこの光景を見ることができた。
私の一眼レフの中身は真鶴がたくさん。
宿のおじさんに真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

風の無い週末の深夜に想い出に浸る

「富士には月見草がよく似合う」との名文を表したのは文豪の太宰治だ。
太宰はバスに乗り、御坂を通り、現在の甲府まで向かうところだった。
バスでたまたま一緒になったおばあちゃんが「月見草」とつぶやく。
その一声で、気付いた太宰治の視界に入ったのが月見草、同時に富士の大きな裾野であった。
富岳百景のこの部分は、日本一の名山を説明するときに欠かさない。
たくさんの作品に人気の、3776mの名山だ。
どの角度から見ても同じように、整った形をしているために、八面玲瓏と言う形容がぴったりだと言われる。
そうかもしれない。
私が感動したのは、秋の名峰富士だ。

泣きながら口笛を吹く妹と横殴りの雪
ちかこと福岡のAbercrombieに向かった。
私たちはアバクロの洋服のコーデがお気に入り。
あと、入った時の空間デザインと、香水の匂いが。
2時間くらいひやかして、Abercrombieを出た。
気付いたら、私が通路を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさいと言って振り返る。
見たら、店内にいたお兄さん。
笑顔で、ありがとう、と言っていた。
ビックリしたのは、抱えている手荷物。
アバクロンビーでどんだけ購入したの?って聞きたくなった。
そして、スターバックスでちかことその人の職業予測で盛り上がった。
ANSWERは謎だ。

騒がしく泳ぐあの子と濡れたTシャツ

遠くの里で暮らすお母さんも孫の為だといって、すごく一杯手作りのものを苦労して縫って送ってくれている。
ミッフィーがすごく好きだと言ったら、話したキャラの生地で、裁縫してくれたが、裁縫するための布の購入価格がすごく高くてたまげていた。
縫物の為の生地は横、縦、上下のキャラクターの方向があるので手間だそうだ。
だが、多く、裁縫してくれて、届けてくれた。
孫娘は非常にかわいいのだろう。

無我夢中で吠える弟と季節はずれの雪
田舎に住んでいると、インターネットでものが手軽に買えるようになったのが、たいそう便利だ。
それは、大型の本屋が市内に2軒しかなくて、品ぞろえも悪いから、購入したい本も買えないからだ。
取り寄せるよりオンラインショップで買う方が手間がかからない。
だって、本屋に行くのに車で30分近くかかるからとってもめんどうだ。
ネットショップに手慣れたら、なんでもネットショップで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが必ず安価だし、型番商品は確実にオンラインショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

メニュー